プロミスの審査の基準を理解しよう!

プロミスの審査基準には、さまざまな項目があります。
審査で特に重視されるのは、収入に繋がる部分です。
収入が少ないと返済能力も低くなるので、融資をしても返済が滞る可能性が高いです。
そのため、収入が少ないと返済能力が低いとみなされてしまい、プロミスの審査に合格することができません。

しかし、収入が少ないからと言って、必ずしも審査で落されるとは限りません。
プロミスの場合は、収入だけでなく仕事の安定性も重視されます。
そのため、プロミスの審査で勤続年数も基準の一つで、同じ職場で長く働き続けている人ほど有利です。
逆に言えば、新入社員や転職直後だと、若干不利になることもあります。
ですが、パートやアルバイト、さらにはフリーでも安定した収入があれば合格する可能性もあります。
勤続年数について不安があるなら、転職前やアルバイトをしているときに、プロミスに申し込むと良いでしょう。

プロミスの審査では、その他にも勤務先や住居、他社での借入金額なども重視されます。
さまざまな項目を総合的に判断しながら、プロミスが独自に設けている審査基準を、クリアしているのか確かめているわけです。
また、申込書に記入した内容に嘘がないか確かめるために、身分証明書や一定金額以上の借入なら収入証明書の提出を求めて、徹底的にチェックします。
信用情報機関に照会して、過去に延滞などの金融事故を起こしていないかチェックしてから、プロミスの審査は終了します。
プロミスの審査ポイント・借り方【まとめ】|申し込みから融資までの流れはこちら